OpenAsTextStream

(PWS4 IIS4 IIS5)
OpenAsTextStream — 指定したファイルを開き、開いたファイルの読み取り、または追加書き込みに使用できる TextStream オブジェクトを返します。

構文

object.OpenAsTextStream [iomode, [format]]

パラメータ

object
File オブジェクトを指定します。
iomode

以下の値が iomode パラメータ文字列として認識されます

定数 内容
ForReading 1 ファイルを読み取り専用として開きます。このファイルには書き込むことができません。
ForWriting 2 ファイルを書き込み専用として開きます。既存ファイルがある場合、以前の内容は上書きされます。
ForAppending 8 ファイルを開き、ファイルの最後に追加して書き込みます。
format

以下の値が format パラメータ文字列として認識されます

定数 内容
TristateUseDefault -2 システム デフォルトを使ってファイルを開きます。
TristateTrue -1 ファイルを Unicode ファイルとして開きます。
TristateFalse 0 ファイルを ASCII ファイルとして開きます。

戻り値

値を返しません。

説明

OpenAsTextStream メソッドは、FileSystemObject オブジェクトの OpenTextFile メソッドとほぼ同じ機能を提供します。OpenTextFile メソッドと異なるのは、ファイルを追加書き込みではなく書き込み専用に開くことができます。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
function TextStreamTest( )
{
   var fso, f, ts, s;
   var ForReading = 1, ForWriting = 2, ForAppending = 8;
   var TristateUseDefault = -2, TristateTrue = -1, TristateFalse = 0;
   fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
   fso.CreateTextFile( "test1.txt" );           // ファイルを作成します。
   f = fso.GetFile("test1.txt");
   ts = f.OpenAsTextStream(ForWriting, TristateUseDefault);
   ts.Write( "Hello World" );
   ts.Close( );
   ts = f.OpenAsTextStream(ForReading, TristateUseDefault);
   s = ts.ReadLine( );
   ts.Close( );
   return(s);
}

VBScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
Function TextStreamTest
   Const ForReading = 1, ForWriting = 2, ForAppending = 8
   Const TristateUseDefault = -2, TristateTrue = -1, TristateFalse = 0
   Dim fso, f, ts
   Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
   fso.CreateTextFile "test1.txt"   ' Create a file.
  Set f = fso.GetFile("test1.txt")
   Set ts = f.OpenAsTextStream(ForWriting, TristateUseDefault)
   ts.Write "Hello World"
   ts.Close
   Set ts = f.OpenAsTextStream(ForReading, TristateUseDefault)
   TextStreamTest = ts.ReadLine
   ts.Close
End Function

Move

(PWS4 IIS4 IIS5)
Move — 指定されたファイルまたはフォルダを別の場所へ移動します。

構文

object.Move destination

パラメータ

object
File オブジェクトを指定します。
destination
必ず指定します。ファイルまたはフォルダの移動先を指定します。ワイルドカード文字は使用できません。

戻り値

値を返しません。

説明

ファイルを移動します。
フォルダ名は絶対パスで指定する必要があります。
File オブジェクトに対して実行した Move メソッドの結果は、FileSystemObject.MoveFile メソッドまたは FileSystemObject.MoveFolder メソッドを使用して実行するのと同じ結果になります。ただし、これらの代替メソッドを使用した場合は、複数のファイルやフォルダをコピーすることもできます。


Delete

(PWS4 IIS4 IIS5)
Delete — 指定されたファイルまたはフォルダを削除します。

構文

object.Delete force

パラメータ

object
File オブジェクトを指定します。
force
省略可能です。読み取り専用属性がオンになっているファイルやフォルダも削除の対象とする場合は真 (true) を、読み取り専用のファイルやフォルダは削除しない場合は偽 (false) (既定) を指定します。

戻り値

値を返しません。

説明

指定したファイルまたはフォルダが存在しなかった場合は、エラーが発生します。

File オブジェクトまたは Folder オブジェクトに対して実行した Delete メソッドの結果は、FileSystemObject.DeleteFile メソッドまたは FileSystemObject.DeleteFolder メソッドを使用して実行するのと同じ結果になります。

Delete メソッドでは、ほかのフォルダやファイルを含むフォルダと何も含まないフォルダとは区別されません。指定したフォルダは、ほかのファイルやフォルダが格納されているかどうかに関係なく削除されます。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
var fso, f;
fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
f = fso.CreateTextFile("c:\\testfile.txt", true);
f.WriteLine("これはテストです。");
f.Close();
f = fso.GetFile("c:\\testfile.txt");
f.Delete();

VBScript

1
2
3
4
5
6
7
Dim fso, MyFile
Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set MyFile = fso.CreateTextFile("c:\testfile.txt", True)
MyFile.WriteLine("これはテストです。")
MyFile.Close
Set MyFile = fso.GetFile("c:\testfile.txt")
MyFile.Delete

Copy

(PWS4 IIS4 IIS5)
Copy — ファイルをコピーする

構文

object.Copy FileName [, Option]

パラメータ

object
File オブジェクトを指定します。
FileName
コピー先のファイル名を指定します。
Option
オプションのパラメータ Option に FALSE が指定された場合、ファイルを上書きしません。デフォルトは TRUE です。

戻り値

値を返しません。

説明

ファイルのコピーを作成します。

VBScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
Sub ManipFiles
   Dim fso, f1, f2, s
   Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
   Set f1 = fso.CreateTextFile("c:\testfile.txt", True)
   Response.Write "ファイルを書き込んでいます。<br />"
   '1 行書き込みます。
  f1.Write ("これはテストです。")
   ' ファイルを閉じます。
  f1.Close
   Response.Write "c:\tmp にファイルを移動しています。<br />"
   ' C:\ のルートにあるファイルへのハンドルを取得します。
  Set f2 = fso.GetFile("c:\testfile.txt")
   ' \tmp ディレクトリにファイルを移動します。
  f2.Move ("c:\tmp\testfile.txt")
   Response.Write "c:\temp にファイルをコピーしています。<br />"
   ' \temp にファイルをコピーします。
  f2.Copy ("c:\temp\testfile.txt")
   Response.Write "ファイルを削除しています。<br />"
   ' ファイルの現在の位置へのハンドルを取得します。
  Set f2 = fso.GetFile("c:\tmp\testfile.txt")
   Set f3 = fso.GetFile("c:\temp\testfile.txt")
   ' ファイルを削除します。
  f2.Delete
   f3.Delete
   Response.Write "完了しました !"
End Sub

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
function ManipFiles()
{
   var fso, f1, f2, s;
   fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
   f1 = fso.CreateTextFile("c:\\testfile.txt", true);
   Response.Write("ファイルに書き込んでいます。<br />");
   // 1 行書き込みます。
   f1.Write("これはテストです。");
   / ファイルを閉じます。
   f1.Close();
   Response.Write("c:\\tmp にファイルを移動しています。<br /> ");
   // C:\ のルートにあるファイルへのハンドルを取得します。
   f2 = fso.GetFile("c:\\testfile.txt");
   // \tmp ディレクトリにファイルを移動します。
   f2.Move ("c:\\tmp\\testfile.txt");
   Response.Write("c:\\temp にファイルをコピーしています。<br />");
   // \temp にファイルをコピーします。
   f2.Copy ("c:\\temp\\testfile.txt");
   Response.Write("ファイルを削除しています。<br />");
   // ファイルの現在の位置へのハンドルを取得します。
   f2 = fso.GetFile("c:\\tmp\\testfile.txt");
   f3 = fso.GetFile("c:\\temp\\testfile.txt");
   // ファイルを削除します。
   f2.Delete();
   f3.Delete();
   Response.Write("完了しました !");
}

Type

(PWS4 IIS4 IIS5)
Type — ファイルまたはフォルダの種類に関する情報を返します。たとえば、名前が .TXT の拡張子で終わるファイルの場合なら、”テキスト文書” という文字列が返されます。

構文

object.Type

パラメータ

object
File オブジェクトを指定します。

戻り値

ファイルの種類を返します。

説明

ファイルの種類を返します。
[ごみ箱] などの特殊フォルダをプロシージャに指定してみてください。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
function ShowFileType(filespec)
{
   var fso, f, s;
   fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
   if (fso.FolderExists(filespec))
      f = fso.GetFolder(filespec);
   else if (fso.FileExists(filespec))
      f = fso.GetFile(filespec);
   else
      s = "ファイルまたはフォルダが存在しません。";
   s = f.Name + " は、" + f.Type + " です。";
   return(s);
}

VBScript

1
2
3
4
5
6
7
Function ShowFolderType(filespec)
   Dim fso, f, s
   Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
   Set f = fso.GetFolder(filespec)
   s = UCase(f.Name) & " は、" & f.Type & " です。"
   ShowFolderType = s
End Function

Size

(PWS4 IIS4 IIS5)
Size — ファイルの場合、指定されたファイルのバイト単位のサイズを返します。フォルダの場合、指定されたフォルダ内のすべてのファイルおよびフォルダの合計サイズをバイト単位で返します。

構文

object.Size

パラメータ

object
File オブジェクトを指定します。

戻り値

ファイルのサイズを返します。

説明

ファイルのサイズをバイト単位で返します。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
function ShowFolderSize(filespec)
{
   var fso, f, s;
   fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
   f = fso.GetFolder(filespec);
   s = f.Name + " は、" + f.size + " バイト使用しています。";
   return(s);
}

VBScript

1
2
3
4
5
6
7
 Function ShowFolderSize(filespec)
   Dim fso, f, s
   Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
   Set f = fso.GetFolder(filespec)
   s = UCase(f.Name) & " は、" & f.size & " バイト使用しています。"
   ShowFolderSize = s
End Function

ShortPath

(PWS4 IIS4 IIS5)
ShortPath — 従来の 8.3 形式のファイル名が必要なプログラムのために、短いパス名を返します。

構文

object.ShortPath

パラメータ

object
File オブジェクトを指定します。

戻り値

パス名を返します。

説明

パス中のディレクトリ名が8文字よりも長い場合、チルダ「~」を使用して8文字に短縮して返します。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
function ShowShortPath(filespec)
{
   var fso, f, s;
   fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
   f = fso.GetFile(filespec);
   s = "パス名 : " + "" + f.Name;
   s += "" + "<br />";
   s += "短いパス名 : " + "" + f.ShortPath + "";
   return(s);
}

VBScript

1
2
3
4
5
6
7
8
Function ShowShortPath(filespec)
   Dim fso, f, s
   Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
   Set f = fso.GetFile(filespec)
   s = "パス名 : " & "" & UCase(f.Name) & "" & "<br />"
   s = s & "短いパス名 : " & f.ShortPath
   ShowShortPath = s
End Function

ShortName

(PWS4 IIS4 IIS5)
ShortName — 従来の 8.3 形式のファイル名が必要なプログラムのために、短いファイル名を返します。

構文

object.ShortName

パラメータ

object
File オブジェクトを指定します。

戻り値

ファイル名を返します。

説明

ファイル名が8文字よりも長い場合、チルダ「~」を使用して8文字に短縮して返します。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
function ShowShortName(filespec)
{
   var fso, f, s;
   fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
   f = fso.GetFile(filespec);
   s = "ファイル名 : " + "" + f.Name;
   s += "" + "<br />";
   s += "短いファイル名 : " + "" + f.ShortName + "";
   return(s);
}

VBScript

1
2
3
4
5
6
7
8
Function ShowShortName(filespec)
   Dim fso, f, s
   Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
   Set f = fso.GetFile(filespec)
   s = "ファイル名 : " & "" & UCase(f.Name) & "" & "<br />"
   s = s & "短いファイル名 : " & f.ShortName
   ShowShortName = s
End Function

Path

(PWS4 IIS4 IIS5)
Path — 指定されたファイルのパスを返します。

構文

object.Path

パラメータ

object
Drive オブジェクトを指定します。

戻り値

ドライブのパスを返します。

説明

ドライブ名の場合、返される文字列にルート ディレクトリは含まれません。たとえば、C ドライブの場合、C:\ ではなく C: が返されます。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
function ShowFileAccessInfo(filespec)
{
   var fso, d, f, s;
   fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
   f = fso.GetFile(filespec);
   s = f.Path.toUpperCase() + "<br />";
   s += "作成日時 : " + f.DateCreated + "<br />";
   s += "最終アクセス日時 : " + f.DateLastAccessed + "<br />";
   s += "最終更新日時 : " + f.DateLastModified;
   return(s);
}

VBScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
Function ShowFileAccessInfo(filespec)
   Dim fso, d, f, s
   Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
   Set f = fso.GetFile(filespec)
   s = UCase(f.Path) & "<br />"
   s = s & "作成日時 : " & f.DateCreated & "<br />"
   s = s & "最終アクセス日時 : " & f.DateLastAccessed & "<br />"
   s = s & "最終更新日時 : " & f.DateLastModified
   ShowFileAccessInfo = s
End Function

ParentFolder

(PWS4 IIS4 IIS5)
ParentFolder — 指定されたファイルまたはフォルダが格納されているフォルダを表す Folder オブジェクトを返します。値の取得のみ可能です。

構文

object.ParentFolder

パラメータ

object
File オブジェクトを指定します。

戻り値

ディレクトリ名を返します。

説明

ファイルがあるディレクトリ名を返します。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
function ShowFileAccessInfo(filespec)
{
   var fso, f, s;
   fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
   f = fso.GetFile(filespec);
   s = f.Name + " + f.ParentFolder + " に格納されています。<br />";
   s += "
作成日時 : " + f.DateCreated + "<br />";
   s += "
最終アクセス日時 : " + f.DateLastAccessed + "<br />";
   s += "
最終更新日時 : " + f.DateLastModified;
   return(s);
}

VBScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
Function ShowFileAccessInfo(filespec)
   Dim fso, f, s
   Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
   Set f = fso.GetFile(filespec)
   s = UCase(f.Name) & " & UCase(f.ParentFolder) & " に格納されています。<br />"
   s = s & "
作成日時 : " & f.DateCreated & "<br />"
   s = s & "
最終アクセス日時 : " & f.DateLastAccessed & "<br />"
   s = s & "
最終更新日時 : " & f.DateLastModified
   ShowFileAccessInfo = s
End Function