Item

(PWS4 IIS4 IIS5)
Item — Dictionary オブジェクトにある指定されたキーと関連付ける項目を設定します。コレクションの場合は、指定されたキーに対応するオブジェクトを返します。値の取得も可能です。

構文

object.Item(key)[ = newitem]

パラメータ

object
Files コレクションを指定します。
key
コレクションの要素名(キー)を指定します。
newitem
キーに対応する値を設定します。

戻り値

キーに対応する要素を返します。

説明

項目を変更するときに引数 key で指定したキーが見つからない場合、newitem で指定した項目と関連付けられた、引数 key で指定した新しいキーが作成されます。また、既存の項目を取得するときに引数 key で指定したキーが見つからない場合は、空の項目と関連付けられた、引数 key で指定した新しいキーが作成されます。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
function DicTest(keyword)
{
   var a, d;
   d = new ActiveXObject("Scripting.Dictionary");
   d.Add("a", "アテネ");
   d.Add("b", "ベオグラード");
   d.Add("c", "カイロ");
   a = d.Item(keyword);
   return(a);
}

VBScript

1
2
3
4
5
6
7
8
Function ItemDemo
   Dim d   ' Create some variables.
  Set d = CreateObject("Scripting.Dictionary")
   d.Add "a", "アテネ"   ' キーと項目を追加します。
  d.Add "b", "ベオグラード"
   d.Add "c", "カイロ"
   ItemDemo = d.Item("c")   ' 項目を取得します。
End Function

Count

(PWS4 IIS4 IIS5)
Count — コレクションの中のオブジェクト数、または Dictionary オブジェクトに格納される項目の数を返します。値の取得のみ可能です。

構文

object.Count

パラメータ

object
Files コレクションを指定します。

戻り値

要素の数を返します。

説明

フォルダに含まれるファイルの数を調べる事ができます。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
function CountDemo()
{
   var a, d, i, s;                 // 変数を作成します。
   d = new ActiveXObject("Scripting.Dictionary");
   d.Add ("a", "アテネ");          // キーと項目を追加します。
   d.Add ("b", "ベオグラード");
   d.Add ("c", "カイロ");
   a = (new VBArray(d.Keys()));    // キーを取得します。
   s = "";
   for (i = 0; i < d.Count; i++)   // 取得した配列に繰り返し処理を行います。
   {
      s += a.getItem(i) + " - " + d(a.getItem(i)) + ">BR<";
   }
   return(s);                      // 結果を返します。
}

VBScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
Function ShowKeys
   Dim a, d, i, s   ' 変数を作成します。
  Set d = CreateObject("Scripting.Dictionary")
   d.Add "a", "アテネ"   ' キーと項目を追加します。
  d.Add "b", "ベオグラード"
   d.Add "c", "カイロ"
   a = d.Keys   ' キーを取得します。
  For i = 0 To d.Count -1 ' 配列に繰り返し処理を行います。
     s = s & a(i) & "<br />" ' 結果を返します。
  Next
   ShowKeys = s
End Function