DateCreated

(PWS4 IIS4 IIS5)
DateCreated — 指定されたファイルまたはフォルダの作成された日付と時刻を返します。値の取得のみ可能です。

構文

object.DateCreated

パラメータ

object
File オブジェクトを指定します。

戻り値

ファイルの作成日を返します。

説明

返される値は日付と時刻です。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
function ShowFileInfo(filespec)
{
   var fso, f, s;
   fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
   f = fso.GetFile(filespec);
   s = "作成日時: " + f.DateCreated;
   return(s);
}

VBScript

1
2
3
4
5
6
Function ShowFileInfo(filespec)
   Dim fso, f
   Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
   Set f = fso.GetFile(filespec)
   ShowFileInfo = "作成日時: " & f.DateCreated
End Function

Attributes

(PWS4 IIS4 IIS5)
Attributes — ファイルまたはフォルダの属性を設定します。値の取得も可能です。属性によっては、値の取得のみ可能な場合もあります。

構文

object.Attributes [= newattributes]

パラメータ

object
File オブジェクトを指定します。
newattributes
省略可能です。object に指定したファイルまたはフォルダに与える新しい属性値を指定します。

以下の値が value パラメータ文字列として認識されます

定数 内容
Normal 0 標準ファイル。どの属性も設定されません。
ReadOnly 1 読み取り専用ファイル。この属性は、値の取得も設定も可能です。
Hidden 2 隠しファイル。この属性は、値の取得も設定も可能です。
System 4 システム ファイル。この属性は、値の取得も設定も可能です。
Volume 8 ディスク ドライブ ボリューム ラベル。この属性は、値の取得のみ可能です。
Directory 16 フォルダまたはディレクトリ。この属性は、値の取得のみ可能です。
Archive 32 ファイルが前回のバックアップ以降に変更されているかどうか。この属性は、値の取得も設定も可能です。
Alias 64 リンクまたはショートカット。この属性は、値の取得のみ可能です。
Compressed 128 圧縮ファイル。この属性は、値の取得のみ可能です。

説明

ファイルの属性を設定します。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
function ToggleArchiveBit(filespec)
{
   var fso, f, r, s;
   fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
   f = fso.GetFile(filespec)
   if (f.attributes && 32)
   {
      f.attributes = f.attributes - 32;
      s = "アーカイブ ビットをオフにしました。";
   }
   else
   {
      f.attributes = f.attributes + 32;
      s =   "アーカイブ ビットをオンにしました。";
   }
   return(s);
}

VBScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
Function ToggleArchiveBit(filespec)
   Dim fso, f
   Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
   Set f = fso.GetFile(filespec)
   If f.attributes and 32 Then
      f.attributes = f.attributes - 32
      ToggleArchiveBit = "アーカイブ ビットをオフにしました。"
   Else
      f.attributes = f.attributes + 32
      ToggleArchiveBit = "アーカイブ ビットをオンにしました。"
   End If
End Function

File オブジェクト

ファイルのあらゆるプロパティにアクセスする手段を提供します。

* Attributes
* DateCreated
* DateLastModified
* Drive
* Name
* ParentFolder
* Path
* ShortName
* ShortPath
* Size
* Type
* Copy
* Delete
* Move
* OpenAsTextStream


Item

(PWS4 IIS4 IIS5)
Item — Dictionary オブジェクトにある指定されたキーと関連付ける項目を設定します。コレクションの場合は、指定されたキーに対応するオブジェクトを返します。値の取得も可能です。

構文

object.Item(key)[ = newitem]

パラメータ

object
Drives コレクションを指定します。
Item
必ず指定します。取得または設定する項目に関連付けられているキーを指定します。
newitem
省略可能です。Dictionary オブジェクトの場合のみ指定可能で、コレクションには使用できません。引数 key で指定したキーに関連付ける新しい値を指定します。

戻り値

指定されたキーに対応するオブジェクトを返します。

説明

項目を変更するときに引数 key で指定したキーが見つからない場合、newitem で指定した項目と関連付けられた、引数 key で指定した新しいキーが作成されます。また、既存の項目を取得するときに引数 key で指定したキーが見つからない場合は、空の項目と関連付けられた、引数 key で指定した新しいキーが作成されます。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
function DicTest(keyword)
{
   var a, d;
   d = new ActiveXObject("Scripting.Dictionary");
   d.Add("a", "アテネ");
   d.Add("b", "ベオグラード");
   d.Add("c", "カイロ");
   a = d.Item(keyword);
   return(a);
}

VBScript

1
2
3
4
5
6
7
8
Function ItemDemo
   Dim d   ' Create some variables.
  Set d = CreateObject("Scripting.Dictionary")
   d.Add "a", "アテネ"   ' キーと項目を追加します。
  d.Add "b", "ベオグラード"
   d.Add "c", "カイロ"
   ItemDemo = d.Item("c")   ' 項目を取得します。
End Function

Count

(PWS4 IIS4 IIS5)
Count — コレクションの中のオブジェクト数、または Dictionary オブジェクトに格納される項目の数を返します。値の取得のみ可能です。

構文

object.Count

パラメータ

object
Drives コレクションを指定します。

戻り値

コレクションの項目数を返します。

説明

ドライブ数を返します。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
function CountDemo()
{
   var a, d, i, s;                 // 変数を作成します。
   d = new ActiveXObject("Scripting.Dictionary");
   d.Add ("a", "アテネ");          // キーと項目を追加します。
   d.Add ("b", "ベオグラード");
   d.Add ("c", "カイロ");
   a = (new VBArray(d.Keys()));    // キーを取得します。
   s = "";
   for (i = 0; i < d.Count; i++)   // 取得した配列に繰り返し処理を行います。
   {
      s += a.getItem(i) + " - " + d(a.getItem(i)) + ">BR<";
   }
   return(s);                      // 結果を返します。
}

VBScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
Function ShowKeys
   Dim a, d, i, s   ' 変数を作成します。
  Set d = CreateObject("Scripting.Dictionary")
   d.Add "a", "アテネ"   ' キーと項目を追加します。
  d.Add "b", "ベオグラード"
   d.Add "c", "カイロ"
   a = d.Keys   ' キーを取得します。
  For i = 0 To d.Count -1 ' 配列に繰り返し処理を行います。
     s = s & a(i) & "<br />" ' 結果を返します。
  Next
   ShowKeys = s
End Function

Drives コレクション

利用可能なすべてのドライブのコレクションです。このコレクションはメンバの取得のみ可能です。

リムーバブル メディア ドライブは、ドライブにメディアが挿入されていなくても Drives コレクションに含まれます。

* Count
* Item


VolumeName

(PWS4 IIS4 IIS5)
VolumeName — 指定されたドライブのボリューム名を設定または返します。値の取得も可能です。

構文

object.VolumeName [= newname]

パラメータ

object
Drive オブジェクトを指定します。
newname
省略可能です。object に指定したドライブの新しい名前を指定します。

戻り値

ボリューム名を返します。

説明

ドライブのボリューム名を設定します。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
function SpaceReport(drvPath)
{
   var fso, d, s;
   fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
   d = fso.GetDrive(fso.GetDriveName(drvPath));
   s = "ドライブ " + drvPath + " - ";
   s += d.VolumeName + "<br />";
   s += "合計サイズ:"+ d.TotalSize/1024 + " KB <br />";
   s += "空き領域:   " + d.FreeSpace/1024 + " KB";
   return(s);
}

VBScript

1
2
3
4
5
6
7
Function ShowVolumeInfo(drvpath)
   Dim fso, d, s
   Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
   Set d = fso.GetDrive(fso.GetDriveName(fso.GetAbsolutePathName(drvpath)))
   s = "ドライブ " & d.DriveLetter & ": - " & d.VolumeName
   ShowVolumeInfo = s
End Function

TotalSize

(PWS4 IIS4 IIS5)
TotalSize — ドライブまたはネットワーク共有の総容量をバイト単位で返します。

構文

object.TotalSize

パラメータ

object
Drive オブジェクトを指定します。

戻り値

装容量を返します。

説明

次のコードは、TotalSize プロパティの使用例です。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
function SpaceReport(drvPath)
{
   var fso, d, s;
   fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
   d = fso.GetDrive(fso.GetDriveName(drvPath));
   s = "ドライブ " + drvPath + " - ";
   s += d.VolumeName + "<br />";
   s += "合計サイズ :"+ d.TotalSize/1024 + " KB <br />";
   s += "空き領域:   " + d.FreeSpace/1024 + " KB";
   return(s);
}

VBScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
Function ShowSpaceInfo(drvpath)
   Dim fso, d, s
   Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
   Set d = fso.GetDrive(fso.GetDriveName(fso.GetAbsolutePathName(drvpath)))
   s = "ドライブ " & d.DriveLetter & ":"
   s = s & vbCrLf
   s = s & "合計サイズ : " & FormatNumber(d.TotalSize/1024, 0) & " KB"
   s = s & vbCrLf
   s = s & "空き領域 : " & FormatNumber(d.AvailableSpace/1024, 0) & " KB"
   ShowSpaceInfo = s
End Function

ShareName

(PWS4 IIS4 IIS5)
ShareName — 指定されたドライブのネットワーク共有名を返します。

構文

object.ShareName

パラメータ

object
Drive オブジェクトを指定します。

戻り値

共有名を返します。

説明

object にネットワーク ドライブでないドライブを指定すると、長さ 0 の文字列 (“”) が返されます。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
function ShowDriveInfo(drvpath)
{
   var fso, d, s;
   fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
   d = fso.GetDrive(fso.GetDriveName(fso.GetAbsolutePathName(drvpath)));
   s = "ドライブ " + d.DriveLetter + ": - " + d.ShareName;
   return(s);
}

VBScript

1
2
3
4
5
6
Function ShowDriveInfo(drvpath)
   Dim fso, d
   Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
   Set d = fso.GetDrive(fso.GetDriveName(fso.GetAbsolutePathName(drvpath)))
   ShowDriveInfo = "ドライブ " & d.DriveLetter & ": - " & d.ShareName
End Function

SerialNumber

(PWS4 IIS4 IIS5)
SerialNumber — ディスク ボリュームを一意に識別する小数のシリアル番号を返します。

構文

object.SerialNumber

パラメータ

object
Drive オブジェクトを指定します。

戻り値

ドライブのシリアル番号を返します。

説明

SerialNumber プロパティを使用して、リムーバブル メディアのドライブに正しいディスクが挿入されたことを確認できます。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
function ShowDriveInfo(drvpath){
  var fso, d, s, t;
  fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
  d = fso.GetDrive(fso.GetDriveName(fso.GetAbsolutePathName(drvpath)));
  switch (d.DriveType)
  {
    case 0: t = "不明"; break;
    case 1: t = "リムーバブル ディスク"; break;
    case 2: t = "ハード ディスク"; break;
    case 3: t = "ネットワーク ディスク"; break;
    case 4: t = "CD-ROM"; break;
    case 5: t = "RAM ディスク"; break;
  }
  s = "Drive " + d.DriveLetter + ": - " + t;
  s += "<br />" + "SN: " + d.SerialNumber;
  return(s);
}

VBScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
Function ShowDriveInfo(drvpath)
   Dim fso, d, s, t
   Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
   Set d = fso.GetDrive(fso.GetDriveName(fso.GetAbsolutePathName(drvpath)))
   Select Case d.DriveType
      Case 0: t = "不明"
      Case 1: t = "リムーバブル ディスク"
      Case 2: t = "ハード ディスク"
      Case 3: t = "ネットワーク ディスク"
      Case 4: t = "CD-ROM"
      Case 5: t = "RAM ディスク
   End Select
   s = "
Drive " & d.DriveLetter & ": - " & t
   s = s & "
<br />" & "SN: " & d.SerialNumber
   ShowDriveInfo = s
End Function