Line

(PWS4 IIS4 IIS5)
Line — TextStream ファイル内での現在の行番号を返します。値の取得のみ可能です。

構文

object.Line

パラメータ

object
TextStream オブジェクトを指定します。

戻り値

現在の行番号を返します。

説明

ファイルを開いた後、何も書き込んでいない状態での Line プロパティの値は 1 です。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
function GetLine()
{
   var fso, f, r
   var ForReading = 1, ForWriting = 2;
   fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject")
   f = fso.OpenTextFile("c:\\textfile.txt", ForWriting, true)
   f.WriteLine("Hello world!");
   f.WriteLine("JScript is fun");
   f.Close();
   f = fso.OpenTextFile("c:\\textfile.txt", ForReading);
   r =   f.ReadAll();
   return(f.Line);
}

VBScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
Function GetLine
   Const ForReading = 1, ForWriting = 2
   Dim fso, f, ra
   Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
   Set f = fso.OpenTextFile("c:\testfile.txt", ForWriting, True)
   f.Write "Hello world!" & vbCrLf & "VB Script is fun!" & vbCrLf
   Set f = fso.OpenTextFile("c:\testfile.txt", ForReading)
   ra =   f.ReadAll
   GetLine = f.Line
End Function

Column

(PWS4 IIS4 IIS5)
Column — TextStream ファイル内での現在の文字位置のカラム番号を返します。値の取得のみ可能です。

構文

object.Column

パラメータ

object
TextStream オブジェクトを指定します。

戻り値

現在のカラムの位置を返します。
現在の位置が行の先頭から何文字目かを示します。

説明

改行を書き込んだ後、ほかの文字を一切書き込んでいない状態での Column プロパティの値は 1 です。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
function GetColumn()
{
   var fso, f, m;
   var ForReading = 1, ForWriting = 2;
   fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
   f = fso.OpenTextFile("c:\\testfile.txt", ForWriting, true);
   f.Write("Hello World!");
   f.Close();
   f = fso.OpenTextFile("c:\\testfile.txt", ForReading);
   m = f.ReadLine();
   return(f.Column);
}

VBScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
Function GetColumn
   Const ForReading = 1, ForWriting = 2
   Dim fso, f, m
   Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
   Set f = fso.OpenTextFile("c:\testfile.txt", ForWriting, True)
   f.Write "Hello world!"
   f.Close
   Set f = fso.OpenTextFile("c:\testfile.txt", ForReading)
   m =   f.ReadLine
   GetColumn = f.Column
End Function

AtEndOfStream

(PWS4 IIS4 IIS5)
AtEndOfStreame — TextStream ファイル内でファイルポインタがファイルの最後に置かれている場合に真 (true) を返します。それ以外の場合は、偽 (false) を返します。値の取得のみ可能です。

構文

object.AtEndOfStreame

パラメータ

object
TextStream オブジェクトを指定します。

戻り値

ファイルポインタがファイルの最後に置かれている場合に TRUE を、それ以外の場合に FALSE を返します。

説明

AtEndOfStream プロパティが使用できるのは、読み取りを行うように開いた TextStream ファイルに対してだけです。それ以外の場合は、エラーが発生します。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
function GetALine(filespec)
{
   var fso, f, s, ForReading;
   ForReading = 1, s = "";
   fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
   f = fso.OpenTextFile(filespec, ForReading, false);
   while (!f.AtEndOfStream)
      s += f.ReadLine( );
   f.Close( );
   return(s);
}

VBScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
Function ReadEntireFile(filespec)
   Const ForReading = 1
   Dim fso, theFile, retstring
   Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
   Set theFile = fso.OpenTextFile(filespec, ForReading, False)
   Do While theFile.AtEndOfStream <> True
      retstring = theFile.ReadLine
   Loop
   theFile.Close
   ReadEntireFile = retstring
End Function

AtEndOfLine

(PWS4 IIS4 IIS5)
AtEndOfLine — TextStream ファイル内でファイル ポインタが行末 (EOL) の直前に置かれている場合に真 (true) を返します。それ以外の場合は、偽 (false) を返します。値の取得のみ可能です。

構文

object.AtEndOfLine

パラメータ

object
TextStream オブジェクトを指定します。

戻り値

ファイルポインタが行末 の直前に置かれている場合に TRUE を、それ以外の場合に FALSE を返します。

説明

AtEndOfLine プロパティを使用できるのは、読み取りを行えるように開いた TextStream ファイルに対してだけです。それ以外の場合は、エラーが発生します。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
function GetALine(filespec)
{
   var fso, a, s, ForReading;
   ForReading = 1, s = "";
   fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
   a = fso.OpenTextFile(filespec, ForReading, false);
   while (!a.AtEndOfLine)
   {
      s += a.Read(1);
   }
   a.Close( );
   return(s);
}

VBScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
Function ReadEntireFile(filespec)
   Const ForReading = 1
   Dim fso, theFile, retstring
   Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
   Set theFile = fso.OpenTextFile(filespec, ForReading, False)
   Do While theFile.AtEndOfLine <> True
      retstring = theFile.Read(1)
   Loop
   theFile.Close
   ReadEntireFile = retstring
End Function

TextStream オブジェクト

ファイルへのシーケンシャル アクセスを行うオブジェクトです。

* AtEndOfLine
* AtEndOfStream
* Column
* Line
* Close
* Read
* ReadAll
* ReadLine
* Skip
* SkipLine
* Write
* WriteBlankLines
* WriteLine


Add

(PWS4 IIS4 IIS5)
Add — Folders コレクションに新しい Folder オブジェクトを追加します。

構文

object.Add (folderName)

パラメータ

object
Folders コレクションを指定します。

戻り値

値を返しません。

説明

フォルダを追加します。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
function AddNewFolder(path,folderName)
{
   var fso, f, fc, nf;
   fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
   f = fso.GetFolder(path);
   fc = f.SubFolders;
   if (folderName != "" )
      nf = fc.Add(folderName);
   else
      nf = fc.Add("新しいフォルダ");
}

VBScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
Sub AddNewFolder(path, folderName)
   Dim fso, f, fc, nf
   Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
   Set f = fso.GetFolder(path)
   Set fc = f.SubFolders
   If folderName <> "" Then
      Set nf = fc.Add(folderName)
   Else
      Set nf = fc.Add("新しいフォルダ")
   End If
End Sub

Item

(PWS4 IIS4 IIS5)
Item –Folders コレクションの要素から Folder オブジェクトを作成します。値の取得も可能です。

構文

object.Item(key)[ = newitem]

パラメータ

object
Folders コレクションを指定します。
key
コレクションの要素名(キー)を指定します。
newitem
キーに対応する値を設定します。

戻り値

キーに対応する要素を返します。

説明

項目を変更するときに引数 key で指定したキーが見つからない場合、newitem で指定した項目と関連付けられた、引数 key で指定した新しいキーが作成されます。また、既存の項目を取得するときに引数 key で指定したキーが見つからない場合は、空の項目と関連付けられた、引数 key で指定した新しいキーが作成されます。


Count

(PWS4 IIS4 IIS5)
Count — コレクションの中のオブジェクト数を返します。値の取得のみ可能です。

構文

object.Count

パラメータ

object
Folders コレクションを指定します。

戻り値

サブフォルダの数を返します。

説明

コレクションの中のサブフォルダの数を返します。

JScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
function CountDemo()
{
   var a, d, i, s;                 // 変数を作成します。
   d = new ActiveXObject("Scripting.Dictionary");
   d.Add ("a", "アテネ");          // キーと項目を追加します。
   d.Add ("b", "ベオグラード");
   d.Add ("c", "カイロ");
   a = (new VBArray(d.Keys()));    // キーを取得します。
   s = "";
   for (i = 0; i < d.Count; i++)   // 取得した配列に繰り返し処理を行います。
   {
      s += a.getItem(i) + " - " + d(a.getItem(i)) + ">BR<";
   }
   return(s);                      // 結果を返します。
}

VBScript

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
Function ShowKeys
   Dim a, d, i, s   ' 変数を作成します。
  Set d = CreateObject("Scripting.Dictionary")
   d.Add "a", "アテネ"   ' キーと項目を追加します。
  d.Add "b", "ベオグラード"
   d.Add "c", "カイロ"
   a = d.Keys   ' キーを取得します。
  For i = 0 To d.Count -1 ' 配列に繰り返し処理を行います。
     s = s & a(i) & "<br />" ' 結果を返します。
  Next
   ShowKeys = s
End Function

Folders コレクション

Folders コレクション

1 つの Folder オブジェクトに含まれるすべての Folder オブジェクトのコレクションです。

* Count
* Item
* Add


Move

(PWS4 IIS4 IIS5)
Move — 指定されたファイルまたはフォルダを別の場所へ移動します。

構文

object.Move destination

パラメータ

object
Folder オブジェクトを指定します。
destination
必ず指定します。フォルダの移動先を指定します。ワイルドカード文字は使用できません。

戻り値

値を返しません。

説明

フォルダを移動します。
フォルダ名は絶対パスで指定する必要があります。
Folder オブジェクトに対して実行した Move メソッドの結果は、FileSystemObject.MoveFile メソッドまたは FileSystemObject.MoveFolder メソッドを使用して実行するのと同じ結果になります。ただし、これらの代替メソッドを使用した場合は、複数のファイルやフォルダをコピーすることもできます。